脱毛、ほくろのシールの代用は?膨らむ?焦げた?ほくろ除去と脱毛の順番、同時も?ほくろ増えた?濃くなる?痛い?

スポンサードリンク
 





 

 

家庭で脱毛するときに、

ほくろを保護するのに使うシールに代用はあるのか?

ほくろに光を照射するとどうなる?

 

気になりますよね。

 

 

ほくろを気にせず

女性が脱毛をするなら、このサロン一択です。

 

理由は、自分が実際に多くのサロンを試して

最もお金をかけずに確実な脱毛効果を得られたから。

 

最もコスパがよかったらサロンは以下より申込してください↓↓

脱毛サロンRELACS(レディース)

 

一度試せば、自分が言っている意味が分かります。

 

ここを味方にすれば、もう二度と

うっとおしいムダ毛処理に悩むことがなくなりますよ

 

 

脱毛とほくろについて紹介していきましょう。

 

 

脱毛、ほくろのシールの代用は?100均でもいいの?

 

自宅で脱毛するときには、

必ずほくろを保護するためにシールか何かが必要です。

 

簡単に手に入るのが、

百均で売っている文房具の丸くて白い色のシールです。

 

しかし、医療用のものと違って自己責任になるので、

このシールを使っても

なるべく光の照射を当てないようにしましょう。

 

そのほかの代用として、

脱毛時のほくろ保護に使えるのが、

白色のマスキングテープや化粧品のコンシーラーです。

 

光脱毛やレーザー脱毛は、

メラニンなどの黒い色素に反応するのでほくろの保護が必須ですが、

ニードル脱毛はほくろから生えている毛にも対応できます。

 

しかし、ニードル脱毛は

自宅でできる脱毛方法ではありません。

 

自分でやるとなると光脱毛になりますが、

ほくろの保護が必須で、

ほくろに生えている毛は処理できないことになります。

 

 

レーザー脱毛でほくろが膨らむ?焦げた?増えた?濃くなる?痛い?消える?取れた?かさぶた、増えるといった声も

 

光脱毛と同じく、

レーザー脱毛も黒い色素に反応するため、

ほくろを保護すること(隠すこと)が必要です。

 

ネット上では、『レーザー脱毛でほくろが消える、薄くなる』

といった話を聞きます。

 

しかしこれは、

ほくろ除去のレーザー治療と混同しているためであって、

実際にはほくろが焼けてかさぶたになった結果、

かさぶたが取れたあとほくろの色が薄くなるだけです。

 

ほとんどは、

『やけどをした・焦げた・膨らんだ・色が濃くなる・大きくなった・増えた』

等のトラブルがおきています。

 

脱毛サロンではほくろが多い人の場合、

脱毛器の出力を下げて施術を行うこともあるようです。

 

脱毛の際にほくろを隠すのが甘かったりすると、

やけどなどで痛い思いをすることがあります

光の照射が弱い家庭用脱毛器であっても、

ほくろは丁寧に隠した方が安全です。

 

また、家庭用の脱毛器でほくろに照射してみて、

ほくろ除去のように消えるなんてことはありません。

顔に光脱毛をあてればほくろが消えるはずと思わずに、

正しい使い方を心がけましょう。

 

脱毛器で人気のケノンでも、

ホクロに光をあてることはできません。

 

ほかの家庭用脱毛器と同じく

ほくろに照射してはいけないので、

ケノンだから大丈夫と思わないようにしましょう。

 

脱毛器はほくろにあてると痛い思いをするかもしれません。

くれぐれも注意して使いましょう。

 

レーザー脱毛では、

ほくろに照射すると癌になるとのうわさもあるようですが、

これも医学的な証拠がない話ですので、安心して使えます。

 

では、ほくろから生えている毛を永久脱毛するには

どうしたらよいでしょうか?

 

 

顔や髭の脱毛とホクロの毛。脱毛、ほくろの毛も?

スキンケアをしている男性

 

光脱毛でほくろがあっても使えるのは、

SHR脱毛という方法ですが、

どこのサロンでもやっているというわけではありません。

 

比較的新しい脱毛方法なので、

まだ永久脱毛できるかどうかの実証がされていません。

 

ほくろの毛を永久脱毛するなら、

毛穴に電気を一瞬流す、

ニードル脱毛が効果的です。

 

ニードル脱毛は眼球に近い顔や髭の脱毛にも使えます。

フラッシュ脱毛より繊細に整えながら出来るので、

ほくろの毛にも使え、便利です。

 

その場で毛がなくなるのはうれしいですが、

施術は光脱毛より痛みがあるようなので、

痛いのが苦手な方は施術前によく相談してください。

 

セルフの光脱毛で、

ほくろができた・増えたといった声も聞かれますが、

自宅で使うような光の弱い脱毛器では心配ありません。

 

ただし、ほくろができるメカニズムとして、

紫外線によるダメージや

強い摩擦刺激などでメラニン色素が増えるといったことがあります。

 

日焼けマシーンのような強い光をあてるものであれば、

ほくろが増えることもあります。

 

脇にほくろがある方で、

自宅で脱毛する場合もあるかと思いますが、

脇は見えずらいので、見落としているほくろがあるかもしれません。

鏡などを使ってよく確認しましょう。

 

 

ほくろの除去と脱毛、順番は?ほくろ除去と同時に?後に脱毛?

 

ほくろの除去と脱毛の順番は、

どちらが先という正解はありません。

 

ただし、ほくろの除去を先に行って

脱毛をレーザーでする場合は、

ほくろの除去の後は赤くなったりするので、

赤みが引いてからになります。

 

また、ほくろの毛も脱毛したいと考えているなら、

ほくろの除去を先にやって、

しばらくしたら脱毛する方法がおすすめです。

ほくろだった部分も含めて脱毛することが出来るからです。

 

しかしこれも、

ほくろ除去の後にほくろの根のようなものが残っていると、

レーザー脱毛時に痛みがある可能性が考えられます。

 

ほくろの除去とレーザー脱毛を同時にやることはできません。

 

どちらかが先になりますので、

詳しくは担当医師とよく相談して決めてください。

 

どちらも同じクリニックで出来ると話がしやすくて良いですね。

 

 

光脱毛でほくろの保護にシール代用することについて

 

百均や文房具コーナーで売られている丸いカラーシールが、

ほくろの保護シールとして使えますが

必ずしも安全とはいえません。

 

自宅で光脱毛を行うなら、

カラーシールを貼ったとしてもなるべく避けて光を照射するか、

通販で売られているほくろ保護の専用シールがオススメです。

 

文房具のシールとは違って、

柔軟性に優れていて肌への負担が少なく、

安全性が高いと言えます。

 

値段も100個入りで1000円以下となっているため、

安全に行うなら検討出来る値段だと自分は思います。

 

家庭用の脱毛器は、

フラッシュ式とレーザー式の2通りがありますが、

どちらもほくろの黒色に反応してしまうので、

しっかりほくろを隠す必要があります。

 

お店で脱毛せず自宅でこっそりやるなら、

失敗して目立つのは困りますよね。

 

どちらがよいかは、よく考えて使ってください。

 

 

コメント