IELTS、コンピューターの結果は5日?持ち物やメモ、時間や日程…リスニング(日本)とベース、受験(試験)と練習のメモ

スポンサードリンク
 





 

 

IELTSコンピューター版の結果は、

どれくらいでわかるのでしょうか。

 

また、持ち物や時間、

日程について見ていきましょう。

 

慣れない受験の際には、

不備がないようにしたいものです。

 

 

IELTS(コンピューター)時間や日程は?結果は5日?

 

IELTSをコンピューターで受ける試験の場合、

結果は3日~5日でわかります。

 

IELTSコンピューター版の流れを

少し見てみましょう。

 

持ち物は、パスポートと筆記用具が

必要となります。

 

このパスポートは、申し込みに使った

パスポートでなければいけません。

 

飲み物を持ち込みたい場合、

ラベルのないペットボトルの水は

許可されています。

 

無色透明でなければならず、

お茶やジュースは認められません。

 

 

IELTS(コンピューター)結果は

いつわかるのかとの疑問が多いですが、

5日ほどで郵送されてくるので少し待ちましょう。

 

ちなみに、ペーパー版の場合は

13日目に発行され、郵送されます。

 

IELTS(コンピューター)は

大学受験では使えません。

 

IELTSコンピューターを大阪で受けるなら、

公式のテストセンターがあります。

 

テストセンターでは、それぞれ時間が

異なるため日程を確認してください。

 

場所によってスケジュールが違っているため、

試験時間や集合時間を

確認しておかなければいけません。

 

 

IELTS(コンピューター)持ち物やメモ、リスニングやベース(日本での受験)

 

IELTS(コンピューター)を受ける前に、

軽くシミュレーション練習をおすすめします。

 

IELTS(コンピューター)は、

リスニングでもメモが取れます。

 

IELTS(コンピューター)を

受けた人の感想では、

 

IELTSのコンピューターとペーパーの違いは

さほどないようです。

 

文字を抜き出す場合など、

IELTSコンピューター版ではコピペが使えます。

 

そういったことで、

スペルミスはなくなる可能性が高まります。

 

 

IELTSコンピューターでも

スピーキングやリーディングはあります。

 

リスニングはヘッドフォンが使えるので、

音を拾いやすいです。

 

IELTSのコンピューターとペーパーでの

スコアの違いは感じられません。

 

 

IELTS(コンピューター)の申し込みには、

パスポートが必要です。

 

また、IELTSはコンピューター版でも

キャンセルは5週間前までとなります。

 

IELTS(コンピューター)は、

MBAを学ぶ上で大切なものです。

 

持ち物はあくまで必要やものだけとなり、

スマートフォンはもちろん・・・

 

日本で受験するにしても、

ハンカチや腕時計まで持ち込み不可です。

 

 

ペーパーベースの試験は

日本人には受けやすいため、

 

コンピューターでもどちらでも

自分の好きな方を選んでください。

 

コンピューターの方が多くの人が集まり

一斉に試験を開始することはなく、

一人集中して取り組みやすいと言われてはいます。

 

が、タイピングに自信のない人には

圧倒的に不利です。

 

コンピューター操作に慣れていない人は、

ペーパーベースを選びましょう。

 

 

まとめ

 

IELTSはペーパーもコンピューターも

難易度に違いはないことがわかりました。

 

日本人が慣れているのは

鉛筆と紙を使った受験です。

 

 

無理をせず、自分の使い勝手のいい方を

選択しましょう。

 

試験自体の難易度は

どちらも変わらないため、

安心して受験できます。

 

持ち物の検査が厳しいため、

貴金属など貴重品も持ち込まないことです。

 

鉛筆であっても、

キャップのないものに限られています。

 

コメント