結婚の挨拶と手土産の渡し方!言葉は?ビジネス(会社)と友達の違い(言葉)、彼氏の親に挨拶…手土産の渡し方と言葉は?

スポンサードリンク
 





 

 

結婚の挨拶、手土産の渡し方や

言葉について

どこまで知っていますか?

 

恋人の両親はもちろんですが、

会社や友達との違いは?

 

ある程度、マナーとして

知っていて損はありません。

 

 

結婚の挨拶!手土産の渡し方と言葉は?

 

結婚の挨拶というと、

どういった言葉を思い浮かべますか?

 

まず両親への挨拶の日程を

決めるところから始めましょう。

伺いにいくので、両親の日程が最優先です。

 

昔はどちらから先などと

礼儀作法がありましたが、

 

今ではとくにどちらの両親に

伺っても構いません。

 

親の心積もりもあるので、

前もって連絡が必要です。

 

二週間ほど前に

スケジュールを立てることが理想でしょう。

 

 

では、挨拶でのタブーはあるのでしょうか。

両親への挨拶で、一番緊張する場面です。

 

よくドラマなどで言われる

「娘さんをください」は

あまり好印象ではありません。

 

ください、というのは物のような

扱いに感じる人がいるのです。

 

「結婚したいと思っています」

「許していただけませんか」

 

などと、両親へ伺いを立てることが

まずマナーとして大前提です。

 

とはいっても、

両親との面会は初めてなのか?

昔からの付き合いで仲が良いのか?

 

など状況により変化するのは

二人にしかわかりません。

 

お互いに親の情報を事前に

話し合うことが鍵となります。

 

彼氏の親に挨拶をする際、

手土産の渡し方と共に

言葉にも気を付けましょう。

 

「つまらないものですが」ではなく、

 

「お酒が好きだと伺ったので」や、

「私の実家の銘菓です」など

添えるのが好印象です。

 

 

手土産の渡し方と言葉は、

友達であれば気さくに話しましょう。

 

結婚式をするかしないか、

招待するのかしないのかも

考える必要があります。

 

その場合、早めに挨拶を

済ませておくのがベターです。

 

 

手土産の渡し方…ビジネスの場合の言葉は?

 

会社への手土産の渡し方として、

どんな言葉を添えるべきでしょうか。

 

ビジネスでのタブーは、

周りの同僚から手土産を

渡したりしないことです。

 

ポイントは、

やはり上司に渡すことです。

 

ビジネスシーンで手土産を

渡すようなことは度々訪れます。

 

自分や家族が病気で休職したときや、

転勤のとき、商談のとき・・・

 

はたまた大きなプロジェクトで

大変お世話になったときなどです。

 

これは必ずしも手土産を

渡さなければならない

というわけではありません。

 

あくまでもビジネスマナーとしてですが、

知っておいて損はありません。

 

ただし、商談のときは

「先に渡さないよう」注意が必要です。

 

手土産を渡すことで

商談をスムーズに

行おうという下心が見えます。

 

時間を裂いてもらったお礼にと、

渡すのが礼儀です。

 

おすすめは、みんなで食べることのできる

個包装のものです。

 

 

まとめ

 

社会人になるまでは、

手土産などさほど関係のなかった人が

多いです。

 

そのため、改まって

誰かが教えてくれることではありません。

ましてや結婚の挨拶などとくにそうです。

 

両親が教えてくれることでも、

学生時代に先生が

教えてくれることでもありません。

 

今では随分とマナーについても

寛大になってきていますが、

 

マナーに厳しい人の前では

くれぐれも気を付けましょう。

 

 

ただマナーを守ることというよりも、

マナーを守ろうとする心がけが

印象をよくするのです。

 

コメント