釣りの持ち物、子連れや女子なら?女の冬や夏、ワカサギ釣りの持ち物リスト…船や初心者の便利アイテム、女性の場合

スポンサードリンク
 





 

 

釣りの持ち物で、何を持っていけばいいのかを

迷う子連れファミリーや

女性の方は多いと思います。

 

 

お子さんや女性も一緒に楽しめるように、

椅子などの道具も重要。

 

そして、あなたの長時間の勝負になる釣りには

この椅子が最強です。

 

まさに釣りが「別次元」のように快適になるからです。

 

最強の釣り椅子はここから手に入れてください↓↓↓


 これを相棒にすることで、

長時間釣りをしても疲れず、お子さんも女性も

楽しい時間を過ごせます

 

 

ここでは、釣りに必要な持ち物や、

初心者に役立つ便利アイテムなどを

紹介します。

 

 

釣りの持ち物、子連れや女子は?女(女性)や冬・夏の持ち物リスト、初心者の便利アイテム…遠征やキャンプ、初めての旅行の持ち物

 

釣りデートをする女性や初心者の方が

悩むのが釣りに行く時の持ち物です。

 

子連れファミリーは、

キャンプや旅行と一緒に釣りを

 

楽しむためにも持ち物を

しっかりチェックして

子供と釣りを楽しみたいですね。

 

 

バイクや電車で遠征する方もいますので、

釣りの持ち物を最低限に減らす工夫として、

荷物を極力コンパクトにまとめ、

 

事前にチェックリストを

作ったりするのをおすすめします。

 

防波堤で釣りをする時や、沖磯、

オフショアで釣りをする時の持ち物は

しっかりリスト分けをしておくと、

 

海に船で出てからも

安心して釣りを楽しめます。

 

 

自分が釣りに行く時の持ち物で

役に立った便利アイテムを紹介します。

 

・使い捨て可能な手袋

・ペンチ

・ウェットティッシュ

 

・保冷バッグ

・フィッシングベスト

・ラッシュガード

 

・はさみ

・ペンチ

・ゴミ袋

 

釣りは長時間になるので、

おにぎりや水、

スポーツドリンクなどは必須です。

 

夏の場合は、日焼け止めや

キャップなどがあると安心できます。

冬は防寒対策を万全にしましょう。

 

ダウンなどの防寒ウェアや

保湿性の高いインナーなどがおすすめです。

 

子供には万一に備えて

ライフジャケットを着せておきたいですね。

 

 

船で釣り、沖や堤防で釣り…持ち物は?船の服装、渓流やワカサギ、サーフやシーバス、太刀魚の釣りの持ち物

 

船釣りの服装は濡れても

構わないものを選びましょう。

スポンサードリンク

 

防水性が高くて滑りにくい長靴や

レインウェアがおすすめです。

 

船釣りの持ち物に酔い止めを入れておいたり、

沖や堤防で釣りをするなら

簡易トイレもあると安心できます。

 

そしてライフジャケットは

必須といえるでしょう。

 

船でスルメイカ釣りをするなら

持ち物のクーラボックスに

 

水切り用の上げ底をするなどの

工夫があると鮮度が落ちません。

 

 

渓流釣りでは持ち物に小物として

偏光サングラスを用意しておくと、

 

川面に反射する太陽光を

シャットアウトしてくれます。

 

川底までしっかり

見えるようになるので重宝します。

 

相模湖のワカサギはボート釣りが主体なので

持ち物に防寒グッズを入れておきましょう。

 

カイロを服に貼ったり

ポケットに入れておくと安心できます。

 

サーフ釣りは砂浜でヒラメや

シーバスを釣りますが、

ラン&ガンが基本のスタイルなので、

 

なるべく持ち物を最小限にして

全部身に着けてしまいましょう。

 

 

あると便利なものは

ウェーダーとヘッドライトです。

 

ショアで太刀魚やシーバスを釣りに行く時は

持ち物に玉網を忘れずに

ショアジギングしましょう。

 

足場が悪い場所で

大型魚を相手にすることになるので

キャッチに役立ちます。

 

ショアジギングはショアから行う釣りで

サビキより大物がかかる可能性が高いので

持ち物にも注意が必要です。

 

 

キハダマグロ釣りは

車が必須になってしまうので、

車中泊用の毛布などを持ち物に追加しましょう。

 

釣りをした後に

キハダマグロを持ち帰る場合は、

 

持ち物のクーラーボックスは

大きめにして魚を入れましょう。

 

 

伊豆諸島の伊豆大島は

家族で釣りを楽しむのに絶好の場所で、

 

道具も気軽にレンタルができるので

持ち物を少なくして楽しめます。

 

レンタルを利用すると釣りも

手ぶらで行けてしまいますが、

 

服装や持ち物にこだわるのも

楽しみの1つですね。

 

 

釣り 持ち物 子連れについて

 

子連れで行く釣りは

何を持って行けばいいのか

不安になってしまいます。

 

ですが、釣り道具のほとんどは

レンタルが可能だったりします。

 

それよりも大事なのは

マナーを守って釣りを

楽しむことではないでしょうか。

 

小さいお子さんには

ライフジャケットを必ず着用させ、

 

トイレや船酔いに備えておくなどの

準備だけでも十分に釣りは楽しめます。

魅力的な釣り場もたくさんあります。

 

不安がある場合は無理をせず、

まずは近場で快適な

釣りライフを楽しんでみましょう。

 

コメント