マレーシアへの教育移住は失敗する?オランダへの教育移住(母子留学)失敗と後悔…

スポンサードリンク
 





 

 

マレーシアへの教育移住は失敗の可能性が

あるのでしょうか?

 

マレーシアへ移住を夢見ている人は多いです。

そんなマレーシアで、何が失敗の原因なのでしょう。

留学での失敗を合わせて見ていきます。

 

マレーシアに教育移住!母子留学は失敗?マレーシア留学と移住の失敗、失敗例…現実は?

 

まず母子留学として、

マレーシアへ移住する母子家庭のリスクを見てみましょう。

 

マレーシアへ移住し、

子供と一緒に教育を受けたいという人は多いです。

 

マレーシアへ母子での移住を考えているのは、

むしろ教育目的の人が圧倒的に多いくらいです。

 

マレーシアは教育移住するのに魅力的と

言われているからです。

 

ですが、現実はマレーシア移住を後悔している人も

たくさんいます。

 

マレーシア移住で気になる言葉ですが、

マレー語が公用語となります。

表記ではアルファベットを用いるため、

馴染みやすいです。

 

マレーシア移住への後悔の声は後々紹介しますが、

マレーシアの親子移住にいいところもあります。

 

マレーシアへ移住したときに、

子供の学校はどうなるのでしょうか。

 

日本人学校があり、日本と同じレベルの教育を

受けられるようになっています。

卒業すれば、

日本国内で卒業したときと同じ資格が与えられるのです。

 

もちろん、インターナショナルスクール

通う選択肢もあります。

 

では、マレーシアへの教育移住の失敗例

見て見ましょう。

 

マレーシア移住の失敗は、

母子共に孤独であることです。

 

単純に、友達ができるか、

できないかは学校生活を大きく左右します。

そしてその間を支える生活基盤がしっかりと

成り立つかどうかも問題です。

 

マレーシアに来てから仕事を探そう、

などと悠長なことでは難しいです。

まずは資金計画を立ててください。

 

日本に父親が残り、母子がマレーシアへ移る場合は、

日本とマレーシアと生活費が二倍になることを頭に

入れましょう。

 

資金がないことには、

中途半端な移住しかできません。

 

オランダに教育移住して後悔…オランダ移住に失敗する人

オランダ

 

オランダに教育移住して後悔したという人のことにも、

触れておきましょう。

 

オランダ移住の失敗とは、何なのでしょうか。

 

教育移住は海外への移住も珍しいことではありません。

 

オランダ移住に後悔したという人は、

言葉の壁が大きいです。

英語を話す国だと思われがちですが、

ほぼオランダ語です。

 

ビジネスシーンでは英語もありますが・・・

街中での看板も、メニューも、

地下鉄の案内もオランダ語なのです。

 

ですが、みな口にするのは英語という

変わった国です。

 

そしてオランダに限らずヨーロッパから

見ると、アジア人は差別に合いやすいです。

 

アジアといっても、自分達は平和な日本に住んでいます。

本当に貧しい服も買えない地域とはまた違い、

「日本人であること」を裕福に感じている人も

少なくありません。

 

ですが、ヨーロッパの人から見ると、

どこも同じアジアなのです。

 

そのため、アジア人と一くくりにされ、

馬鹿にされることも・・・

そうした差別に合いやすいのは、

ヨーロッパならではに感じました。

 

だからといって、

子供の教育のための移住を諦める必要はありません。

 

教育移住は国内でも成り立つのです。

 

都会から、田舎への移住が注目されています。

そこまで山奥でなくとも、

大都市から離れると落ち着いて過ごせます。

 

もちろん好き嫌いはありますが、

子供をのびのびと育てたいという人が多いです。

 

まとめ

マレーシア

 

マレーシアへ移住を希望しているのなら、

事前にしっかり計画を練りましょう。

 

生活する上での費用は、

旅行だけではわかりません。

 

マレーシアは日本より物価が安い

として有名ですが・・・

それでも費用が足りない、

むしろ生活費が高くなったという人もいます。

 

それは、「日本での生活水準を持ち込もうと

するから」に他なりません。

 

日本で当たり前にしているため、

海外でも当たり前と感じてしまうようです。

例えば、日本ではコンビニやスーパーで

簡単にトイレが借りれます。

 

ですが、海外では日本並みに綺麗なトイレは

あまりありません。

ましてやそんなところは、

ホテルの中でチップが当たり前です。

 

このように、日本では予期していなかったことが

多くあります。

事前に現地の暮らしぶりを、

しっかりシミュレーションしましょう。

 

 

コメント