出会系でラインを教える!業者やID、交換のタイミング…会話と断り方、サクラ、本名を聞いてくる?デメリットやブロック、教えてくる場合

スポンサードリンク
 





 

 

マッチングアプリなどの

出会い系アプリ内のやり取りの中で、

急にラインのIDを教える人がいたら?

 

これってサクラ?

本当に教えてよいタイミングとは。

 

 

出会系、ラインを教える…交換のタイミングは?聞いてくる、教えてくる男。断り方とブロック、デメリットと聞き方。断られた?

 

会社で出会いがない、

友達経由の紹介もいい子がいない。

 

そんなときに新しい友達や

恋人探しでよく使うのが、

出会い系サイトやマッチングアプリですよね。

 

出会い系で本当にいい人と

出会えるのはほんのわずか、

大体がサクラだよ。

 

と思う人もいるかもしれません。

 

どういった場合であれば

いい人とめぐり合えるでしょうか?

 

出会い系で、やり取りをはじめてスグに

自分のラインを女性から教えてくる、

 

もしくはラインIDを

聞いてくる男性って結構いますよね。

 

やり取りをはじめてスグって

なんだか怪しい気がしますが、

そういった行動をする人には理由があります。

 

 

男性側の理由のひとつに、

出会い系内でのやり取りが、

 

女性は無料でも男性には

1通数十円のお金がかかる為です。

 

男性側からしたら、良い子かどうか

見極めるのにお金がかからないんだったら、

その方が都合がよいので、

 

やり取りしやすいラインのIDとか

聞き出したいですよね。

 

でも女性側からしたら

そういう男性ってどうでしょう?

 

お金をかける価値のない女ってことに

ならないでしょうか?

 

そんな男性に期待とか

信頼って持てますか?ってなりますよね。

 

そんな人ばかりではないと思いますが、

器の大きさを測るのに

 

ひとつの基準として

見られる可能性があります。

 

 

お金をかけずにいい子を

見つけたいと思う人が、

決して悪い人とはいいませんが、

 

あまり信用のないうちからガツガツいっても、

いい相手かどうか

分かる前に去って行ってしまいます。

 

女性からしたら、

急にラインでやりとりしようと言われても、

いい人かもしれないけどと思う反面、

 

急に言われても困るので、

断り方も困ってしまいます。

 

今後のやりとりを視野にいれるなら、

あまり失礼のないように断るのが無難です。

 

「ラインが苦手なので

あまり使ってない」とか、

 

正直に「まだ○○さんのこと

よく知らないので、

やり取りするならアプリ内がいい」と

 

いった具合に、

相手の気持ちにも配慮して

失礼のないように伝えます。

 

返事に悩まれる人は多いと思いますが、

素直に対応して相手に

今後のやり取りを断られたり

 

返信がなくなったりするなら、

そういう人だったと

見送るのがいいと思います。

 

 

では、出会い系でラインの

交換をするのはいつの

タイミングがよいのでしょうか?

 

出会い系のアプリ内メッセージで

ラインに誘う場合なら、

 

やりとりしていて信用が出来たと

思うタイミングになります。

 

少なくとも、相手のことを

理解できる人と思える程度に、

親しくなってからのほうが良いでしょう。

 

やり取りの内容によりますが、

最低でも4.5回(往復)の

やり取りはあったほうがいいと思います。

 

 

しかし、どんなに信じていても

会った事もない人です。

 

出会い系でラインのIDを教えるのは

リスクがありますので、

 

何かあったときのために

ブロックの仕方くらいは

覚えておきましょう。

 

ブロック方法は以下の通りです。

 

友だちをブロックする方法

1.[ホーム]タブの[友だち]をタップ。

 

2.ブロックしたい相手の名前を

長押しし、[ブロック]をタップ。

 

3.「○○をブロックしますか?」という

テキストが表示されたら

再度[ブロック]をタップ。

 

 

仲良くなれたと思ってラインIDを聞いても、

聞き方によっては

断られる可能性もあるので、

 

相手がすぐに教えてくれなくても、

しつこく聞くのはやめておきましょう。

 

ちなみに女性から

ラインを教えてくる場合や、

 

ラインIDを教えるは

サクラの可能性やデメリットがありますので

注意が必要です。

 

 

出会系のラインは業者?IDの交換とサクラ、会話と本名、公式のラインなど

 

出会い系には一般人を装った

運営側のサクラや、

業者が紛れ込んでいる場合があります。

 

サクラに捕まっても

実際には会えない可能性が高いので、

 

一時は素敵な会話が出来て

幸せかもしれませんが

無駄な時間となりますし、

 

業者に捕まると怖いのが、

架空請求や大量の迷惑メッセージ、

他サイトへの誘導などです。

 

出会い系で安易に

ラインへ誘導してくる相手は、

誘い方が巧妙ですので、

 

たとえ相手が教えてくれたIDでも

謎の公式アカウントだったりするので、

注意が必要です。

 

特に注意すべきなのが、

出会い系でラインのIDを

教えてほしいといわれたときです。

 

ラインIDはライン上の

自分の本名みたいなものです。

 

相手が悪徳業者であれば、

あなたのラインIDを入手したとたん、

ネットに流出させる危険があります。

 

流出したあと、

あなたのいつも使っている

ラインメッセージに、

 

知らない人から良く分からない

メッセージが届く可能性があります。

 

また、悪徳業者とわかって

相手をブロックしても、

 

相手がIDを変えてしつこく

付きまとってくる可能性もあります。

 

そうなってしまっても、

自分のラインIDを変えることは

簡単ではありません。

 

一度変えてしまうと、

今までのトーク履歴、追加した友だち、

 

購入したスタンプなどすべてが

消えてしまうのです。

 

出会い系でライン交換をするのなら、

IDを教える以外にも手段はあります。

 

自分のおすすめは

「QRコード」を送ることです。

 

LINE>ホーム>友だち追加>

QRコード>マイQRコード

簡単に作成出来ます。

 

作成したQRコードをスクショして、

相手に画像を送ればokです。

 

もちろん出会い系アプリ内で

ラインIDのみならず、

 

自分の本名を教えるのは

もっとリスクのあることですので、

たとえ相手が本名を名乗ってきたとしても、

 

それが本名かなんてわかりませんので

「名前教えて?」と言われても、

 

自分の本名を教えるのは控えましょう。

ニックネームで十分です。

 

 

ラインIDや本名を教えてほしいと

いわれたときの断り方としては、

「ラインID長くて面倒だから」

 

「本名は好きじゃないので、

ニックネームで呼んでほしい」

でよいかと思います。

 

 

もし、出会い系で信用できる人と

判断してラインをするようになった場合に、

 

相手がURLを送ってきたら

踏まないようにしましょう。

 

親しくなりたい相手に

怪しいURLなんて送らないと思います。

 

一般人なら普通に会話を楽しんで、

気が合いそうなら実際にあってみる相談を

してみるなどがあるかと思いますが、

 

URLにアクセスさせるのは

ほぼ業者でしょう。

 

逆に出会い系で知り合った人で、

ライン電話(音声通話)が可能な人は

ほぼ一般人でしょう。

 

業者は電話なんて面倒なことはしません。

業者なら文字トークすらも

自動返信で済ませますので、

 

電話対応してくれるなら

一般人とみていいと思います。

 

 

出会い系でラインを教えることについて

 

純粋に友人や恋人が欲しくて、

出会い系を利用している人もいれば、

サクラや業者なども多く、

 

なかなかラインの交換に

踏み出せない人も多いかと思います。

 

友情や恋愛感情といった感情が、

急に芽生えたりしませんので、

 

聞かれたからといって焦って

ラインIDを教える必要はないと思います。

 

実際に会う人ですら、

一言二言会話しただけで

 

「この人は自分の信用出来る友だちです」

ということなど、なかなかないですよね。

 

自分の感覚が頼りにならない場合は、

気軽に相談できる人に

意見を求めるのが一番良いでしょう。

 

自分が聞いた話では、

ラインIDは他のSNSのIDと

同じことが多いので、

 

ラインIDをわざと聞き出して、

相手がSNSでどういう発言を

している人なのか調べる場合があるそうです。

 

ちょっとネットストーカーっぽい話ですが、

相手がどんな人か知りたくて、

悪意なく聞くそうです。

 

SNSでの発言は自分の地元が

わかってしまったり、

 

教えてもいないことを

相手が把握することになるので、

かなり気持ち悪いですよね。

 

くれぐれもラインのIDは教えず、

QRコードなどを活用して、

楽しくトークしてください。

 

コメント