くすぐりに弱い…特徴は?くすぐったがり、くすぐり弱い人の特徴。くすぐり弱い、こちょこちょに弱い人。くすぐりに弱い人について

スポンサードリンク
 





 

 

くすぐり弱い人の特徴って、

どんなものがあるのでしょう?

 

くすぐりっこが楽しい人と不快な人がいますが、

この違いは何なのでしょうか?

 

くすぐりの謎を調べてみました。

 

 

くすぐりに弱い人の特徴!くすぐったがりの人の特徴くすぐり弱い人、くすぐりが弱い人の特徴とは

 

くすぐり弱い人もいれば、

全然くすぐり効かない人がいます。

その違いってなんなのでしょうか?

 

こちょこちょ効く人特徴を調べてみました。

 

くすぐり効く場所である、脇の下、足の裏。

ちょっと触っただけでも悶えてしまうような

くすぐりに弱い人もいれば、

何をやっても全く動じない人もいます。

 

しかし、その感度のメカニズムは、

じつはよくわかっていません。

 

ただ、くすぐったがりの人には5つの特徴があります。

 

1つ目は、

防衛反応が強い人。

 

くすぐりが効く箇所は、

脇の下や首筋など人間の急所となる場所が多く、

それを本能的に守っているのではないかと言われています。

 

2つ目は、

皮膚が薄い人。

触覚に敏感になります。

 

3つ目は、

他人に触られるのが苦手な人。

 

脇の下や足の裏など、

自分で触っても何ともなくても、

他人に触られるのが嫌な人は、

他人の予想できない動きに過敏に反応してしまうようです。

 

4つ目は、

緊張しやすい人。

 

他人に触られることで緊張すると、

交感神経がたかぶって不快に感じるようです。

 

5つ目は、

笑い上戸な人。

 

くすぐったいというよりも、

人に何かされるだけでただ笑ってしまう人です。

 

あるアンケートの結果、

自分がくすぐりが弱い人だと感じている人は

半数以上で、

特に女性くすぐり弱点を持っている人が多いことがわかっています。

 

逆に、男性は、

くすぐりがそれほど苦手ではなく、

比較耐えることができる、敏感でない人が多いようです。

 

くすぐったがりの女性は、

性的に敏感感じやすいように見えので、

男性としては、くすぐりたい気持ちに駆られます。

 

ですが、極度のくすぐったがり女性にとっては

苦痛でしかないので、

悪ふざけには十分気をつけましょう。

 

 

こちょこちょに弱い人、原因は?こちょこちょ弱い人

スポンサードリンク

 

くすぐりに弱い人と

くすぐりに強い人がいますが、

その原因の違いは、未だ解明されていません

 

こちょこちょに弱い人は、

友達や恋人同士で

はじめは楽しくふざけていても、

度が過ぎるとだんだん苦痛になってきます

 

くすぐったがり感度がいいと、

単純に勘違いして、しつこくこちょこちょしていると、

くすぐりに弱い恋人から

マジギレされるなんてことも起こり得ます。

 

こちょこちょが効く人の特徴

効く場所を知っておくことで、

お互いに心地よいコミュニケーションを

取れるようにしておきましょう。

 

こちょこちょが効く人の特徴は、

防御反応の強い人で、

 

脇の下、脇腹、首筋などの

皮膚が柔らかく、急所となる場所

無意識に防御しています。

 

こちょこちょ効く場所は、

神経が多いため触られることに敏感です。

 

特に皮膚が薄い人は、

他の人より過敏に感じてしまいます。

 

しかし、足の裏のように、

皮膚が厚く、急所でもないのに

くすぐったい場所もあるので、

くすぐり効果のメカニズムにはまだまだ謎が多そうです。

 

さらに、生理的に人に触られるのが苦手な人は、

人から触られると過度に緊張してしまい、

交感神経が高まって、こちょこちょを不快に感じてしまいます。

 

また、ただ単に笑い上戸で、

人から何をされても笑ってしまう人もいます。

 

くすぐり合いっこしながら遊んでいても、

やりすぎは不快なものです。

 

では、くすぐりを和らげる方法はあるのでしょうか。

 

普通、自分で足の裏や脇の下をくすぐっても、

くすぐったくありませんよね。

 

ということは、

何だか変な状況ですが、

自分も相手と同じ場所を一緒にくすぐってみればいいのです。

 

また、意識を別の方向に向けて

集中するのもいいと言われていますが、

実際にくすぐられている時に、

別のことを考えるのはなかなか忍耐がいる方法です。

 

こちょこちょが効きやすい人は、

よく、感度がいいのではないか

性欲が強いのではないか

などと思われがちですが、必ずしもそうではありません。

 

大昔、くすぐりは、

「くすぐりの刑」という

拷問の手段に使われていたこともあるぐらい、

度を越すとかなり不快です。

 

ほどほどの遊びの範疇が一番、

と言うことです。

 

 

くすぐりが弱い人の特徴について

 

くすぐりに対する感覚は、本当に人それぞれ違います。

 

くすぐりっこをして、

楽しいと感じる人もいれば、

苦痛以外のなにものでもない人もいます。

 

この個人差は何なのか、

いまだに解明されていないようです。

 

遊び感覚で、自分は楽しくても、

相手は不快以外のなにものでもなく

 

あまりしつこいと怒らせてしまうこともあるので、

くれぐれも相手の気持ちを読み間違えないように

気をつけましょう。

 

コメント