マレーシアのロックダウンで輸出は?いつまで?ロックダウン8月など最新、工場と自動車、期間と解除の影響は【2022年最新】

 

マレーシアで新型コロナの感染拡大により

ロックダウンが発令されて、

 

製造業や輸出入などの産業に

影響が出ています。

マレーシアのコロナ状況を調べてみました。

 

 

マレーシアのロックダウンで輸出など物流は?製造業の工場…トヨタなど自動車や半導体、合板など

 

2020年に新型コロナの感染が

広がり始めてから、

 

マレーシアはたびたびロックダウンを

施行してきました。

 

マレーシアは現在も、

 

ロックダウンの活動制限令(EMCO)

の状況下で、

国の経済に大きな影響を与えています。

 

 

マレーシアでロックダウンが発令されてから、

閉店が続くショッピングモールでは、

冷房の空調がストップしたことで、

 

店の商品にびっしりカビが生えた様子が

ニュースで流れ、

どれだけの損失がでたのか想像もつきません。

 

 

ロックダウンは、

特にマレーシアの製造業に

大きな痛手を与えています。

 

マレーシアが

ロックダウンを施行したことで、

オムロンなどの工場が一時閉鎖され、

 

半導体や合板の製造が

間に合わなくなっています。

 

そのため、トヨタやホンダの

自動車の製造過程がストップしています。

 

実は、日本は、マレーシアに

中古車を多く輸出していますが、

ロックダウンが長引くことで、

 

現地で人気の車種アルフォードなどの

車の物流が滞っています。

 

新車の製造も間に合わず、

中古車も輸入されないとなると、

 

この先、マレーシアの車事情は

どうなってしまうのでしょうか。

 

 

マレーシアのロックダウンはいつからいつまで?2022年最新と現在の状況…ロックダウン8月、7月や9月、ペナンでは

 

マレーシアは、

コロナウイルスの感染拡大のため、

 

2022年6月1日から

ロックダウンが発令されました。

 

しかし、7月に入っても感染拡大に

歯止めがかからず、

8月には新規感染者数が2万人を超える事態に。

 

マレーシアのコロナ感染者数が

ますます増える中で、

 

ロックダウンはいつからいつまで続くのか、

住民の不安は募るばかりです。

 

 

長引くロックダウンで経済的な打撃は大きく、

 

マレーシアは、ワクチン接種が

7割を超えたタイミングの9月から

ロックダウンの緩和に踏み切りました。

 

現在の状況は、感染者数はピークを超え、

ワクチン接種率は80%に近づきつつあり、

行動制限は緩和されてきています。

 

国内観光も徐々に再開され

ペナンなのど観光地にも

人が戻りつつあります。

 

 

マレーシアのロックダウン関連の最新の情報は、

政府のサイト(英語)が確実ですが、

 

現地在住者のブログは生の声が聞けるので

参考になります。

 

早く国境が再開して、

マレーシアに観光で

訪れることができるように願っています。

 

 

マレーシアのロックダウンの期間と影響、内容は…強化と緩和、延長と解除

 

2020年3月に、マレーシアで

新型コロナ対策強化による

初めてのロックダウンは、

 

延長に次ぐ延長を重ね、

最終的に6月9日に

部分的に解除となりました。

 

その後はロックダウンの緩和が進み、

工場などの稼働も再開されるまで

復興することができました。

 

しかし、2022年6月1日に

再度マレーシアはロックダウンが施行され、

その期間や解除の時期、

 

そしていつ通常の生活に

戻ることができるのか、

まったく先行きが読めません。

 

また、マレーシアのロックダウンで

すっかり止まってしまっている

工場がいつからフル稼働できるのか、

 

国家回復計画の内容も気になります。

マレーシアのロックダウンの影響は

経済だけではなく、

 

国境閉鎖により海外への行き来も遮断され、

通常なら海外からの人で賑わう

クアラルンプールの空港は

 

すっかり閑散としていて、

いつ日本に帰国できるか、

 

不安な日々を送っている

日本人移住者も多いと思います。

 

 

マレーシアのロックダウンによる輸出について

 

 

長引くロックダウンで、

マレーシアの産業は

大きな痛手を受けています。

 

新型コロナの1日も早い終息を願っています。

 

コメント