ブルースリーの死因…ブルースリーはなぜ死んだ?ブルース・リー、ブルースリー死因は銃?

 

世界的に有名なブルース・リーの死因とは

一体何だったのか。

 

今回は、様々な憶測が飛び交っている、

このブルース・リー死因の謎

ブルース・リーの息子や愛人、

名言などについて紹介していきます。

 

 

ブルースリーの死因(ブルースリー死因)。ブルース・リーの死因…ブルースリーはなぜ死んだ?銃と死因

 

カンフー映画で超有名な

ブルース・リーの死亡の原因とは

一体何だったのか。

 

公式には脳浮腫という事になっている、

ブルース・リーの死因ですが、

実際は別の理由があるのではないか

言われています。

 

ブルース・リーの死因を巡る

騒動が大きくなったため、

死因究明裁判が開かれたほどです。

 

ブルース・リーの死後、

息子のブランドン・リーも

事故で亡くなっています。

 

ブランドン・リーの死因は、

撮影用の銃に装填されていた

ダミーの弾丸が何故か発射され、

 

ブランドンの腹部に命中したことによる

とされていますが、

なぜ死んだのかと言うよりも、

なぜ発射されたのか。

 

そこが一番の謎です。

 

弾頭が取り外されているはずの弾丸が、

射出される事がそもそも異常なため、

暗殺説まで出ています。

 

親子そろって不審な死を遂げた

ブルース・リーの死因の真実とは。

 

死因究明裁判が開かれるほどですから、

ブルース・リーの腹上死説、

ブルース・リーの暗殺説など、

 

ブルース・リーの死には

様々な推測がなされています。

 

ブルース・リーの死因には謎が多く、

公式には脳浮腫とされているものの、

なんとも腑に落ちない結果です。

 

 

ブルースリーは大麻を?遺体と強さ、身長や息子、愛人などあれこれ

 

ブルース・リーは、

大麻の常用者であった

言われています。

 

ブルース・リーが

薬物依存であったことは

本人が告白した文書から明らかです。

 

そんなブルース・リーですが、

その強さは有名です。

 

1958年のチャチャ大会では優勝しており、

自分の体を極めていることは、

ブルース・リーの筋肉を

画像で確認すれば明らかです。

 

ブルース・リーの身長は172cmと、

決して大柄ではありません。

 

しかし、ブルース・リーの鍛えられた筋肉が、

ブルース・リーの

平均的な身長を感じさせないほど、

彼を強く大きく見せています。

 

自分とブルース・リーの身長を比較すると

それほど大きな差は無いように思います。

 

ですが、横に並ぶとおそらく、

引き締まった

ブルース・リーの筋肉の効果も相まって、

ブルース・リーの方がとても大きく見える事でしょう。

 

ブルース・リーの動画を見ても

その他の俳優に負けておらず、

ブルース・リーの身長は全く見劣りしません。

 

ブルース・リーの強さは筋肉だけではなく、

その身体の使いこなし方や

異常なまでの瞬発力(瞬発的なパワー)にも

表れています。

 

ブルース・リーの動画でよく見る

ヌンチャクアクションなんかも、

常人に出来るスピードではありませんし、

普通の人間はあの速さでヌンチャクを回せません。

 

自分もこれを真似しようと、

何度もブルース・リー動画を

借りて見た時代がありました。

 

結局ものにはなりませんでしたが、

ブルース・リーの強さには

とても憧れました。

 

そんなブルース・リーの映画の順番は、

香港帰国後であれば、

 

ドラゴン危機一髪を皮切りに、

爆発的にヒットした燃えよドラゴン

死亡遊戯と続きます。

 

ブルース・リーは、

スポンサードリンク

死亡遊戯の撮影期間中に亡くなったため、

最後の方は代役を立てて撮影されています。

 

この死亡遊戯には、

棺桶に入ったブルース・リーの姿がありますが、

これは実際のブルース・リーの遺体だとも言われています。

(さすがにそんなことはないと思いますが)

 

そういえば、この時代の香港映画は

俳優と声優が区別されており、

ブルース・リーも吹き替えとなっています。

 

また映画では、

黄色いトラックスーツを着ている

ブルース・リーが印象的です。

 

なぜ黄色だったのかと言うと、

薄暗い画面に

黄色が映えるからだそうです。

 

特に細かい設定があったわけではないみたいで、

少し残念です。

 

そういえば、ブルース・リーは

和製ドラゴンの異名を持つ

日本の俳優の倉田保昭さんとも

親交があったそうです。

 

倉田さんの息子は

俳優業をしていないらしく、

これもちょっと残念。

 

一方、ブルース・リーの息子は

父親と同じく俳優になり、

ハリウッドで活躍していました。

 

このブルース・リーの息子は

先ほども紹介した通り、

撮影中の事故で亡くなっています。

 

ブルース・リー の息子が

父親のようなアクションをする事を

期待していた当時の人々は

さぞかし落胆したことでしょう。

 

ブルース・リーも息子も、

32歳と28歳という

非常に近い年齢で亡くなっており

 

ブルース・リーの息子は特に、

事故死ではなかったという

暗殺疑惑まで浮上しています。

 

父親のブルース・リーも

愛人宅で亡くなっており、

父子そろって死因には疑問が残ります。

 

そんなブルース・リーの名言には、

英語でDon’t think feel

という言葉があります。

 

考えずに感じろという意味で、

短い人生を駆け抜けた

ブルース・リーらしさがあふれる名言です。

 

 

まとめ:ブルースリーの死因とは

 

ブルース・リーの死因は、

脳浮腫として公開されており、

それ以外は憶測の域を出ません。

 

それでもこれだけの

推測や憶測が出回っているという事は、

 

それだけブルース・リーが

人気俳優であったという事を

表しています。

 

そんなブルース・リーの享年は32歳

その息子も28歳

撮影中に事故死をしています。

 

本当に事故だったのか、

何かの策略であったのか、

今となっては定かではありませんが、

腑に落ちない結果となっています。

 

ブルース・リーは、

172㎝の身長に

引き締まった体躯をしており、

非常に切れの良いアクションが人気です。

 

彼の真似をしている人も

昔は良く見たものです。

 

代表作は燃えよドラゴンですが、

香港に戻ってからの最初の映画は

ドラゴン危機一髪です。

 

ブルース・リーが亡くなった際に

撮影していたのが死亡遊戯で、

 

この撮影中に亡くなったため、

最後の方はブルース・リー本人ではなく

代役がブルース・リーの代わりを務めて

映画を撮影しています。

 

これがブルース・リーの最終作です。

 

ブルース・リーやその息子の死因については、

様々な憶測がありますが、

彼の名言である Don’t think feelというように、

考えずに感じる方が良いでしょう。

 

色々と考えすぎず、

皆さんがそれぞれ納得すると感じる

見解で良いのではないでしょうか。

 

コメント