釣りのワイヤー、かしめや太さ、結び方や強度!ワイヤーハリスとワイヤー仕掛け、ワイヤーリーダーとスリーブなど

スポンサードリンク
 





 

 

釣りでハリスやかしめ、リールについて

悩むケースが多いですが、ネット上に偽りの情報もあるので

ご注意を。

 

 

リールなども重要ですが、長時間の勝負になる釣りには

実は「椅子」が何より重要なアイテム。

 

個人的には、この椅子が最強でした。

釣りが「別次元」のように快適になるからです。

 

最強の釣り椅子はここから手に入れてください↓↓↓


 これを手にすることで、

長時間釣りをしても疲れず、いつまでも楽しい時間を過ごせます

 

 

釣りのワイヤーかしめ方、

「ラインが切れて魚を逃した」そんな悩みを解決する、

ワイヤーを使った仕掛けの種類、メリット、デメリットを紹介します。

 

 

釣りのワイヤーはかしめ?サワラやダイソーの釣りのワイヤー、泳がせの釣りの仕掛け、ワイヤーについて

 

仕掛けを作ったのにラインが切れてしまう現象は、

主に太刀魚やサワラのような

鋭い牙の魚を釣る時に発生する問題です。

 

これを解決するための、

ワイヤー選びや仕掛けの作り方を紹介します。

 

基本的な事ですが、

専用のハンドプレッサーを使い、

ワイヤーにステンレスクリップをかしめる(押し潰す)事で

ワイヤーに固定する作業。

 

釣りの仕掛けを作る時に

ワイヤーとクリップの固定は重要なので覚えましょう。

 

鋭い牙の魚には『ワイヤーリーダー』がおすすめです。

釣りのワイヤーリーダーは、

ラインが切れるのを防ぐ為に使用されています。

 

ワイヤーリーダー使うと、

ヒット後にラインが切れる確率が減ります。

 

一方で、ジグのアクションが抑えられるため、

釣果が落ちる・コストがかかるというデメリットもあるので、

好み次第だと思います。

 

釣りのワイヤーリーダーは、

PEライン・ショックリーダー・ワイヤーリーダー・ルアー

の順に繋げます。

 

サメやエイ釣りのワイヤーは、

石鯛釣りに使う瀬ズレ用ワイヤーがおすすめです。

サメ釣りのワイヤーサイズは、引張強度20㎏以上必要です。

 

ウツボのワイヤーは太刀魚釣り用でもいいですが、

ウツボ釣りの道糸はタコ用、

ワイヤーは石鯛用でも大丈夫です。

 

ヒラメの泳がせ釣りもワイヤー必須です。

ナイロンハリスだと一瞬で牙にやられます。

 

釣りの中でもクエは専用ワイヤーを使うのがいいでしょう。

クエは大型になると30㎏を超えるものもいるので、

適当なワイヤーではいざと言う時大変です。

 

釣りのワイヤー・道糸はダイソーでも売っているので、

コストを抑えたいのであれば、

試してみるのもいいと思います。

 

 

釣りのワイヤーの太さや強度、結び方…形状記憶のワイヤーリーダー、ワイヤーと釣り。ワイヤーハリスとワイヤー仕掛け、スリーブ

 

釣りのワイヤーは魚の種類によって違いますが、

釣りの中でもワイヤー選びが重要なのは太刀魚です。

サゴシ釣りも同じワイヤーで大丈夫です。

 

✤仕掛けの結び方

  1. ワイヤーリーダーを必要な長さにカットする
  2. ワイヤーハリスにスナップ付きサルカンを付ける
  3. ワイヤーハリスに親針を付ける
  4. ワイヤーハリスに孫針を付ける

※スリーブを使ってしっかりと固定します。

 

釣りのワイヤーでナイロンは柔軟性があり人気です。

 

釣りのワイヤーはホームセンターに多くあり、

針付きは便利なのでおすすめです。

 

100均のワイヤー(釣り具)を細かく見ると、

太いものが多いので、

太刀魚に警戒され、釣果は上がらない可能性があります。

 

ある程度のコスパを考えて選ぶといいでしょう。

 

釣りリーダーワイヤーを使用するのであれば、

土肥富(どひとみ)

『形状記憶合金ワイヤーリーダー』がおすすめです。

 

釣りのワイヤーと一緒にリール選びも必要です。

電動でも手巻きでもいいですが、

最低PE1号200~300m巻けて、

適性ドラグ値は3~6㎏の物を選びましょう。

 

最後に、巻き爪のあなたに特報!

 

『竿中とおる君』知っていますか?

巻き爪がワイヤー(釣り具)で治るのです。

 

形状記憶の細いワイヤーで力を加えて、

まっすぐ戻ると言う仕組みです。

これによりワイヤーを爪に通すと爪が真っ直ぐになります。

 

元々は釣り具なのに、

なぜか巻き爪アイテムとして有名になっているので、

試してみるのもいいと思います。

 

 

まとめ。釣りのワイヤーかしめについて

 

釣る魚の種類により仕掛けも違い、

覚えるのが本当に大変です。

 

基本的なかしめ方は覚えておくと、

様々な仕掛けで活用できます。

 

仕掛けやワイヤー選びの参考になれば幸いです。

 

コメント