マレーシアの輸出品(1975年)。グラフの変化とランキングの割合…1975年や1980年、2016年は?日本とタイ、マレーシアの輸出品

 

マレーシアの輸出品について、

1975年から1980年、

そして現在までを比較してみました。

 

 

マレーシアの輸出品をグラフで…1975年と1980年の特徴は?

 

マレーシアの輸出品をグラフでみて見ると、

1975年と2016年では大きく違います。

 

マレーシアの輸出品は、

1980年代の重工業化政策が

境となって大きく変化しています。

 

1980年代以前、マレーシアは、石油(原油)、

天然ガス、パーム油などの資源輸出国でした。

 

しかし、資源の一次産品の輸出に頼りすぎた結果、

天然ガスやパーム油の価格の暴落により、

 

1985年に経済成長率がマイナスに

下落してしまいました。

 

そこで1980年代後半からは、

今までの価格が不安定な資源輸出に頼る政策から、

輸出向け工業化を目指した政策に

 

輸出の特徴を変更し、以後、

主に電気・電子製品の輸出が大幅に増えました。

 

現在もマレーシアの輸出の中心は、

電気・電子製品で、特に、半導体製品は、

アメリカや中国に広く輸出されています。

 

 

マレーシアの輸出品のランキング!変化と割合

 

マレーシアの輸出品は、電気・電子製品が

全体の約40%の割合を占め、

 

主な輸出相手国は、シンガポール、中国、

アメリカ、日本となっています。

 

マレーシアの輸出品は、

もともと石油や天然ガスなどの資源に

頼っていたのですが、

 

これらの資源は価格の変化が激しく

経済成長が安定していなかったことから、

スポンサードリンク

重工業化へと政策を変更しました。

 

 

マレーシアへは安い労働力と原材料を求めて、

海外から多くの企業が進出しており、

 

日系企業は1,500以上もあり、

その多くが製造業関連です。

 

これらの外国資本がマレーシア経済を支え、

マレーシアは、アジア諸国の中で

もっとも急成長と遂げました。

 

マレーシアは、2000年以降コロナ危機が

起きるまでの間、アジアの中で経済黒字が

続いていた唯一の国で、

 

国民の所得水準も先進国並みに近づいています。

 

 

アジア諸国の中でマレーシアと

高い経済成長率を競っている国は、

隣国のタイです。

 

タイとマレーシアの主要な輸出品には違いがあり、

マレーシアは電気・電子製品、

タイは自動車となっています。

 

両国ともにアジアを牽引する経済新興国です。

 

マレーシア輸出品ランキング

 

  1. 電気・電子製品(38%)
  2. 石油製品(8%)
  3. 化学製品(6%)
  4. 鉄鋼製品(4%)
  5. 機械・部品(4%)
  6. 液化天然ガス
  7. パーム油
  8. 原油
  9. 光学化学機器
  10. ゴム製品
  11. その他

 

 

マレーシアの輸出品の1975年について

 

マレーシアの輸出品について、

1975年から1980年、

そして現在までの変化を調べてみました。

 

アジア諸国の中で経済成長が

著しく発達しているマレーシアは、

 

今後、シンガポールについで

アジア経済を牽引する

経済大国に成長することでしょう。

 

コメント