マレーシアの言語は?割合、母国語とあいさつ、公用語とシンガポールの言語(中国語と英語)、留学…ありがとう・こんにちはなど

 

マレーシアの言語は、

英語、マレー語、タミル語、中国語の

4つありますが、

 

日常で使われている割合は

どうなっているのでしょうか。

 

 

マレーシアの言語は?割合と母国語、公用語…中国語や英語は?留学と教育

 

マレーシアの言語は、

英語、マレー語、タミル語、中国語の4つで、

多民族国家のマレーシアでは、

 

単一民族国家の日本のように

日本語だけを話す訳ではありません。

 

ちなみにマレーシアの国の言語としての

公用語(母国語)はマレー語です。

 

 

マレーシアの言語の公用語は

マレー語なのですが、

他の言語も疎かにできず、

 

マレーシアの言語政策は、

多くの論文で研究されるほど特殊で複雑です。

 

 

マレーシアで契約書や特許出願書などの

公的文書は英語で記載されていることが

多いのですが、

 

他の言語で記載されていている場合は、

翻訳が必要になります。

 

マレーシアにはそのための

翻訳会社がたくさんあります。

 

 

また近年、マレーシアでは、

中国からの移民である華僑が増え、

 

ビジネスの場の言語として中国語を

使うケースも増えています。

 

 

それでは一体、マレーシアの教育現場では、

どの言語で教えているのでしょうか。

 

マレーシアの小学校は、マレー系はマレー語、

中国系は中国語、

インド系のはタミル語で授業をし、

 

公立の小学校では、

英語とマレー語が必須言語となっています。

日本人から見るとかなり複雑ですね。

 

 

話す言語は場所によっても違います。

マレーシアの首都クアラルンプールなどの

都会では英語を話す人の割合が多く、

 

2つ以上の言語を話す人も

珍しくありません。

 

逆に、ボルネオ島のマレーシア領の

観光地で有名なコタキナバルがあるサバ州や

サラワク州では、

 

訛りの強いマレー語を話し、

英語などの他の言語が通じないこともあります。

 

ちなみに、マレーシアの言語である

マレー語とインドネシア語はとても似ていて、

 

両国が隣接するボルネオ島では

どっちの言語を使っても

大まかな意味は通じるそうです。

 

 

このように人によって話す言語が

変わってくるマレーシアですが、

 

アジア圏で最も英語力の高い国と言われ、

日本人の留学先として人気です。

 

 

マレーシアの言語であいさつ!ありがとう、こんにちははどう言う?

スポンサードリンク

 

マレーシアのペナン島などの観光地は

いつも旅行客で賑わっていますが、

 

現地の言語で挨拶ができたら

旅がもっと楽しめます。

 

マレーシアの公用の言語は

外務省によるとマレー語なので、

マレー語の挨拶について調べました。

 

東南アジアの国・マレーシアの言語で

おはよう、こんにちは、ありがとうなどの挨拶は

以下の通りです。発音がちょっと難しそうですね。

 

おはよう(0〜12時):

Selamat Pagi(スラマッ パギ)

 

こんにちは(12時〜14時):

Selamat Tengahari(スラマッ トゥンガハリ)

 

こんにちは(14時〜日没):

Selamat Petang(スラマッ プタン)

 

さようなら(帰る側)

……Selamat Tinggal(スラマッ ティンガル)

 

さようなら(見送る側)

……Selamat Jalan(スラマッ ジャラン)

 

ありがとう……Terima kasih(トゥリマ カシ)

 

 

マレーシアは英語以外の言語を

教える学校もあるので、

挑戦してみるのも面白いかもしれません。

 

 

ちなみに、マレーシアで特許出願に

必要な言語は英語です。

 

マレーシア語に対応した

SDS作成ツールなどはないので、

 

英語や日本語など対応する言語の

ツールを使いましょう。

 

 

番外編:シンガポールの言語は英語と中国語?

 

シンガポールは、

マレーシアの隣国で同じマレー半島に位置し、

 

マレーシアと同様に英語、マレー語、中国語、

タミル語の4つの言語を話します。

 

公用語はマレー語と言われますが、

多くの場面で英語が使われ、

ほとんどの人が2つ以上の言語を使い分けます。

 

シンガポールの英語は、発音が特徴的で、

シングリッシュと言われています。

 

 

マレーシアの言語の割合について

 

多民族国家のマレーシアでは、

驚くほどたくさんの言語が

日常生活の中で飛び交っていて、

 

日本人にはおどろくことばかりですが、

多様なコミュニケーションを楽しんでみてください。

 

コメント