マレーシアの住みやすさは?シンガポールとマレーシアの住みやすさ、タイとマレーシアの住みやすさを比較…日本人の住みやすさは?

スポンサードリンク
 





 

 

マレーシアの住みやすさは、

隣国のタイやシンガポールと比べて

どうでしょうか。

 

 

マレーシアの住みやすさは?日本人ならタイとどっちが?

 

海外の移住先で人気のタイとマレーシア、

 

日本人にとってどちらの国が

移住に適しているのか、

住みやすさを比べてみました。

 

 

海外で生活していく上で

最も大切なのは食事です。

 

タイもマレーシアもアジア圏なので、

日本人には馴染みのある食材の料理が

食べられます。

 

特にマレーシアは、多国籍国家なので

さまざまな国の料理が

楽しめる魅力があります。

 

タイは、タイ料理がメインとなるので、

タイ料理のスパイシーさが苦手な人には

住みずらいと思います。

 

どちらの国も、クアラルンプールや

バンコクなどの都会に住めば

日本食が手に入るし、

 

日本食レストランもあるので、

暮らす上で困りませんが、

 

日本食は値段が高いので

それなりの出費を

覚悟しなければなりません。

 

 

次に生活環境ですが、タイもマレーシアも、

他の東南アジアの国と比較すると

治安も良く、

 

医療や教育体制も整っています

(ただし、都会に限ります)。

 

交通機関については、

タイの方が鉄道が発達しているので

若干便利です。

 

語学環境は、マレーシアの方が英語が

断然通じるので、

 

タイ語が全く話せない人には

マレーシアの方が生活しやすいと思います。

 

 

両国ともに親日家が多く

のんびりとした南国気質の国民性で、

日本人が溶け込みやすい国です。

 

どちらが移住に適しているかは

甲乙つけがたいところですが、

マレーシアの方が長期滞在ビザが取りやすいので、

 

ロングステイを希望される方は

マレーシアの方がいいと思います。

 

 

シンガポールの住みやすさはどれくらい?マレーシアやタイと比べると…

 

次に、シンガポールですが、

マレーシアやタイと比べて、

住みやすさは変わってくるのでしょうか。

 

シンガポールは、

マレーシアから独立した国なので、

 

食事や生活に関しては

ほぼマレーシアと同じです。

 

生活環境は似ていても、

シンガポールは東南アジアの

経済の拠点となる国なので、

 

物価の高さが他の2国の比ではありません。

シンガポールには、お金持ちが

多く住んでいると言う印象です。

 

 

シンガポールは多国籍国家なので、

人種により性格気質が様々ですが、

 

基本的には、親日家が多く

親切で穏やかな国民性です。

 

 

マレーシアの住みやすさについて

 

日本人の移住先で人気のトップを争う

マレーシア、タイ、そしてシンガポール。

 

どの国も日本人にとって住みやすく、

日本人の移住先として

環境が整っていると思います。

 

どこに住むかは、

各自の好みの問題のようです。

 

コメント