ミャンマー語の下ネタ?かわいいやありがとうをミャンマー語で。ありがとうミャンマー語とマイナーな下ネタ、ミャンマーエロあれこれ

 

 

ミャンマー語の下ネタを知っている人はそう多くはないと
思います。

 

下ネタを覚えておくとミャンマーで夜遊びする時に役立つ
ことも多いです。
今回は、ミャンマーでよく使われる下ネタについて紹介
していきます。

 

ミャンマー語のマイナーな下ネタ!ミャンマーエロについて

ミャンマーの風景

 

ミャンマー語のマイナーな下ネタにはどんなものが
あるのでしょうか。
ミャンマー語のマイナーな下ネタをいくつか紹介します。

 

・「イー」
ミャンマー語の「イー」はウンチという意味を表します。
ミャンマーではよく使われる下ネタです。

 

・「レインサッサン」
ミャンマー語の「レインサッサン」は性行為という意味が
あります。
ミャンマーでは性行為やエロに関してオープンではない
ので、特に女性に対して使うと嫌がる人もいるので注意
してください。

 

自分が思うには、ミャンマー語の下ネタを使う場合は、
親しい間柄の人間に使う方が無難だと思います。
お酒の席やパーティーなどの盛り上がっている時に
さりげなく使いたいですね。

 

下ネタを使うことで相手との距離間を縮めるきっかけと
なることが多いですが、ミャンマーで下ネタを使う場合は、
国の文化や特徴を理解しておきたいです。

 

仏教を尊ぶミャンマー人に対しては、特に僧侶や年上の人に
下ネタやエロの発言をするのは厳禁です。
下ネタは使いどころを間違えると、とんでもない事態に陥る
こともあるので十分気を付けたいです。

 

ミャンマーに限らず外国でマイナーな下ネタを使う場合は、
やはり国の文化や特徴を理解したうえで、楽しく使いたいと
自分は思います。

 

ミャンマー語でかわいい、ありがとうは?ありがとうミャンマー語など日常会話

ありがとう

 

ミャンマー語でかわいいやありがとうなどは何というので
しょうか。
ミャンマー語で「かわいい」を意味する言葉は複数あり
ます。

 

・「チッサヤーカウンデー」
ミャンマー語で「かわいい」を意味する一番基本となる
言葉です。
誰に対しても使える「かわいい」なので、こちらを基本
として使いましょう。

 

・「チッポーカウンデー」
友達などに対して使われる「かわいい」の言葉なので、
親しい友達に対してはこちらの「かわいい」を使うのが
おすすめです。
友達と挨拶する時などにカジュアルに使うのがいいと
自分は思います。

 

では、ミャンマー語で「ありがとう」は何というので
しょうか。

 

・「チェーズーティンバーデー」
ミャンマー語で「ありがとう」は「チェーズーティン
バーデー」といいます。
ミャンマー語のチェーズーティンバーデーは、挨拶の
基本となる言葉なので、ミャンマーを訪れる際には必ず
覚えておきたいです。

 

ミャンマーでは人に対して「ありがとう」と言うのが
基本となるので、挨拶する時や相手に対して感謝の
言葉を伝えるときに多用してほしい言葉です。

 

ミャンマーで「チェーズーティンバーデー(ありがとう)」
は大事な言葉ですが、日本語で「ありがとう」とは言って
しまわないように注意してください。

 

「ありがとう」の発音がミャンマー人には、
「俺の男性器は小さい」と聞こえてしまうからです。

 

感謝の気持ちを伝える時は「チェーズーティンバーデー」
しっかり使い、相手との気持ちの良いコミュニケーションを
取りたいところですね。

 

ミャンマー語の下ネタについて

笑顔の柴犬

 

今回は、ミャンマー語の下ネタについて紹介してきました。
ミャンマー語の下ネタでよく使われる「イー」ウンチ
いう意味です。

 

ミャンマー語の下ネタを現地で使う場合はいくつか注意
したいことがあります。
仏教を尊ぶミャンマー人に対して下ネタを使う場合は、
僧侶や年上の人に対しては使わないように気を付けま
しょう。

 

ミャンマー人に対して下ネタを使う場合は、親しい関係に
なってから使うこと、使う場所をわきまえて、限度を
守って使うことが大事だと自分は思います。

 

ミャンマー語の下ネタを知っているからといって連呼する
のではなく、さりげなく場の空気を盛り上げる感じで使う
のが、自分は良いかと思います。

 

相手のことを思いやる文化や特徴があるミャンマーでは、
下ネタを使う場合も相手のことを考えて楽しく使いこなし
たいですね。

 

コメント