石垣島、移住で後悔?現実と失敗、沖縄に移住した50代と石垣島移住の闇…沖縄移住の50代の後悔と老後の沖縄移住失敗、闇について

スポンサードリンク
 





 

 

石垣島に移住したら後悔する!についてご存知で

しょうか?

 

実は50代からの沖縄の石垣島、

宮古島への移住は失敗する⁉

 

今回はあまり知られていない沖縄(石垣島、宮古島)

移住の失敗の理由について詳しく解説します。

 

石垣島に移住したら後悔する?失敗と現実、石垣島移住の闇と後悔

 

離島移住といえば、東京から近い八丈島への

移住失敗の話もよく聞きますが、

南の島といえば沖縄が人気ですが、

移住についてはどうでしょうか。

 

「沖縄移住失敗」「沖縄移住の老後は後悔」など、

夢の南国沖縄移住の現実を知って闇を抱えた人が

少なからずいます。

 

特に沖縄移住では生活費用についてしっかり考えて

おかないと老後移住は厳しいものとなります。

 

石垣島(石垣市)や宮古島への移住失敗や後悔では、

収入が物価に見合わず、費用が尽きてしまう人が

います。

沖縄は求人があまりありません。

 

また、沖縄の最低賃金は820円(2021年10月現在)で、

東京が1,041円(2021年10月現在)ですので、

その差は221円一日8時間で1,768円の差、

月20日勤務して35,360円の差となります。

 

その上、運搬料が高額なので一部の食料品及び、

生活用品の価格が高く島での生活は都市部より

お金が掛かる場合があります。

 

石垣島移住を老後予定している人は年金や

貯蓄による資金をしっかり見込んでいる方が

よいでしょう。

 

生活費を抑えるために、石垣島や、宮古島の

空き家バンクを利用して家賃を抑えることも

一つの方法です。

 

沖縄に移住!沖縄移住の50代と老後、沖縄移住失敗

沖縄

 

沖縄移住といえば、都心での仕事を辞めて女一人で

スローライフを送る、夢ですよね。

 

しかし、「沖縄移住失敗した」という厳しい現実を

綴ったブログは結構たくさんあります。

 

沖縄移住するために仕事を辞めて40代、50代で

沖縄での仕事がうまくいかず「帰りたい」と

思ってしまう女性は少なくありません。

 

理由としては、人間関係があります。

沖縄では現地の人を「ウチナンチュー」と呼び、

移住してきた人を内地から来た人という意味で

「ナイチャー」と呼びます。

 

沖縄は離島なので仲間意識が高く、移住者は

疎外感から沖縄に馴染めず失敗するケースが

多々あります。

 

また、老後沖縄への移住をした人は、台風や

厳しい暑さなどの生活環境に耐えられず

「老後の安住の地」とすることができなかったと

話す人もいます。

 

沖縄移住する場合仕事探しが厳しい年代は

20代、30代です。

40代、50代では今までの経験や資格を活かし

就職や開業している人が多くいます。

 

資格や経験の少ない20代、30代の人は、

移住後の仕事についてしっかりリサーチし、

自分で何ができるのか、自分ができる仕事の

求人がどれぐらいあるのか調べてみましょう。

 

沖縄は観光スポットがたくさんある魅力的な

場所ですが、住み続けるには厳しい環境と

いえます。

 

「離島移住失敗した」「沖縄移住後悔した」

ならないように、事前に情報収集を行うことを

お勧めします。

 

また、時間があるようでしたら、少し長めの

観光として沖縄に滞在し生活環境が自分に

適しているのかを確かめてみることもよい

でしょう。

 

石垣島移住の後悔について

石垣島

 

沖縄は美しい海や、自由な気質の人々など魅力的な

面がたくさんあります。

 

その魅力に憧れて観光だけでなく、移住したいと

思う人が後を絶ちません。

その反面、移住してみたけれど失敗したと後悔する

人がいることも事実です。

 

その理由としては、島国特融の仲間意識に馴染めない、

台風や暑さなどの生活環境に馴染めない、仕事が

見つからない、予想以上に生活費が掛かってしまう

など様々です。

 

憧れの沖縄移住を失敗しないために、事前に情報収集

することをお勧めします。

 

また、移住する前に一度ショートステイしてみて、

沖縄の環境が自分に適しているかを試してみることも

事前準備として有効な方法ではないでしょうか。

 

 

コメント