フードデリバリーの売上をランキングで!論文と推移、売上高…コロナで売上がアップ?

スポンサードリンク
 





 

 

コロナの2020年以降、

有名なUberEatsや出前館などのフードデリバリーの

売上ランキングってすごく気になるところですよね。

 

 

自分にとって一番使いやすかったのは、このデリバリーサービス。

 

種類が豊富で、サイトの使い勝手がよく

サクッとオーダーできるからです。

 

出前におすすめのサービスはこちらをクリックしてください↓↓↓



このサービスを使えば、おなかが空いたときや

家に人が来た時に手間取ることなく、すぐに

温かい食事にありつけますよ

 

 

実際にテイクアウトするときの目安にもなりますので、

ランキングを紹介していきます。

 

 

フードデリバリーの売上は?ランキングで紹介

 

2020年度でのフードデリバリーの売上ランキングでは、

1位が出前館

2位がUberEats

3位がドミノ・ピザとなっており、

 

3位以下はピザハットやピザーラ、

楽天デリバリー、dデリバリー、

menu、foodpandaと続いています。

 

やはりフードデリバリーは、

コロナの初期の段階で知名度が上がった企業が

売上を伸ばしていますね。

 

もちろん、それ以前から、

デリバリーサービスを行っているピザ系の企業も

売上は上位に入ってきています。

 

ICT総研の調べでは、

フードデリバリーの市場の売上推移を見てみると、

 

2018年では3631億円の規模だったのに対し、

2020年では4960億円と、

コロナ化での売上はかなりアップし、

成長を遂げています。

 

自分もフードデリバリーは

コロナ自粛が取り上げられたことで利用をするようになりましたが、

外出をしなくてもお店の料理が食べられるのは

とても便利と思いますね。

 

 

フードデリバリーの論文。どんなことが書いてある?

 

フードデリバリーの論文の概要になりますが、

 

「コロナによる自粛の影響で飲食店への対面接客や、

料理の提供制限などの政策がなされたことで、

 

飲食業界が

UberEatsや出前館などのフードデリバリー業界を利用して

消費者に新しい提供方法を見出した。

 

それにより独身や共働き世帯が

外出自粛によって外食が減った分、

フードデリバリーサービスが利用され

需要が高まった。」

 

と書かれています。

 

その結果、

配達員が急増したことによる弊害、

交通事故や配達員による不祥事の責任の所在などの

現状の問題定義などの内容が書かれており、

 

フードデリバリー市場が右肩上がりの中、

政策等による配達員の雇用形態の改善や

安全に配達できるような取り組み、

今後のポイントになる事も書かれています。

 

 

フードデリバリーの売上ランキングについて

 

コロナの影響もあり、

フードデリバリーの売り上げはコロナ前と比べて増えていますし、

21年以降もまだまだ伸びる予想でもあります。

 

フードデリバリーの売上ランキングにも

その影響が出てくるかもしれませんね。

 

その分しっかりとした政策や、

法の整備を整えていってほしいですね。

 

コメント