釣りの錘の換算!塗装や種類、号とグラム、号数…重さとオモリの付け方、自作と25号。錘負荷と塗装や型、結び方など

スポンサードリンク
 





 

 

釣りで使用する際に錘の換算ができると

釣り方にあった錘を選択するのに

役に立ちますよね。

 

 

そして、長時間の勝負になる釣りには

この椅子が最強なんです。

 

なぜなら、釣りがありえないほど快適になるからです。

 

最強の釣り椅子はここから手に入れてください↓↓↓


 これを愛用することで、

長時間釣りをしても疲れずに、楽しい時間を過ごせます

 

 

「釣り場所・投げ入れる場所で重さを変えて使うため、換算したい」

「だけど、方法が分からない」

というあなたに、

錘の換算の仕方紹介します。

 

 

釣りの錘の換算、号(号数)やグラム、自作。25号はどう?

 

釣りで使用する錘はそれぞれ違いがあり、

錘に書かれている号数は、数字によって重さが違っています。

 

1号をグラム換算すると3.75gですので、

号数3.75gをかけていくとその錘の重さが分かります。

 

【号数×3.75g】で、

自分の使用したい錘が何グラム計算することができ、

実際に釣りに行った時の川・海の状況や、

目的の魚へのアプローチを行うことができます。

 

例えば、25の錘はグラム換算すると93.75gで、

このくらいの重さだと

海釣りや遠くのポイントを狙って釣りをする際に

用いることが多くなります。

 

近くのポイントや、川などの釣りでは

ここまでの重さの錘の出番は

少ない場合が多いです。

 

もちろん、水の流れが速く

狙った位置から動かしたくない時には

使用することもあります。

 

また、自作をしたいときに、

自分の作りたい号数の錘をグラムで出すことができれば、

自分だけのオリジナルの錘も作ることが可能になります。

 

因みに、自分もこの換算の方法を知らず、

釣りに行った際に、手の感覚で

適当に使ってた経験がありますね。

 

 

釣りの錘、塗装や種類、重さなど。負荷(錘負荷)と鉛、通販で販売?

 

釣りで使われるのは

安価な鉛素材の錘がほとんどです。

 

形もナス型や吊鐘、六角など種類も多く、

中には釣りのスタイルに合わせて

専用の形や塗装も施されているものもあります。

 

釣りの通販サイトでも販売されているので

簡単に購入できます。

 

また、竿に記載されている錘負荷

『この竿を使用するときの適した錘の重さ・大きさですよ』

という表記で、錘負荷の範囲が広い竿もあります。

 

記載されている錘負荷を超える・下回る錘は

使用できないというわけではなく、

『その範囲の錘は特に適しています』

という表記になってます。

 

因みにですが、

表記されている錘負荷倍くらいは使うことができますので、

特に神経質にならなくても大丈夫です。

 

ただ、どのように釣りをするかで種類重さが変わってくるので、

通販で購入するよりは、

店舗でスタッフの方と直接相談できる環境があったほうが、

自分自身はいいと思います。

 

 

釣りのオモリの付け方や結び方!塗装や型など

 

釣りの錘の大きさの表し方は

昔は匁(もんめ)が使われていました。

現在の号に言い換えたのが終戦後からです。

 

そして、1匁が1号、3.75g今の換算の値になります。

 

そのオモリが様々なものがあります。

 

特に北海道で釣りの錘を作っている

『株式会社フジワラ』オモリは、

もそうですが、カラーコーティングがされていて、

従来の錘よりも集魚効果が高くなっています。

その効果は抜群との評判があるほどです。

 

また、川や海に入ってからの水底に落ちていく時間の短縮や、

巻き上げ時の抵抗の低減も実現しています。

 

オモリ付け方ですが、主に3種類の結び方、

『チワワ結び』

『クリンチノット』

『電車結び』があり、

 

糸と竿先のリリアンを結ぶのにはチワワ結び、

糸と金具を結ぶ際はクリンチノット、

糸と糸を結ぶのには電車結びが用いられ、

結ぶ対象によって使い分けます。

 

 

釣りの錘の換算について

 

元々の匁の呼び名から号に変わり、

そこで1号のグラムが定められたこと、オモリの換算は1号が3.75gと、

覚えてしまえばあとは簡単に換算ができるため、

そこまで難しく考える必要はなくなりましたね。

た、お店で売られている物の他に、

自作で作れることなどを考えると、

型や色を変えてバリエーションを増やすことができるのも

楽しみの一つになり、より釣りが楽しめるはずです。

 

コメント