釣りの偏光グラスの色は?ブラック(フライ)偏光は?釣り用偏光グラスの見え方とランキング、サングラスのコスパ

スポンサードリンク
 





 

 

釣り用の偏光グラスの購入を考えているが、

色が変わると何が変わるのか

気になりますよね。

 

 

偏光グラスもですが、

長時間の勝負になる釣りには

この椅子がおすすめです。

 

釣りが「別次元」のように快適になるからです。

 

最強の釣り椅子はここから手に入れてください↓↓↓


 これを相棒にすることで、

長時間釣りをしても疲れず楽しい時間を過ごせます

 

 

見え方に変化はあるのかが

わからないというあなたへ、

 

今回は釣りにおすすめの偏光グラス

ランキングで紹介します。

 

 

釣りの偏光グラス(メガネの上)の色や見え方は?釣りにおすすめのランキング。コスパや度付き、効果や選び方…サングラスのタレックスなど

 

今回は、釣りに使用する偏光サングラス

おすすめの5ブランド

ランキング形式で紹介します。

 

自分が偏光グラスを選ぶ際、

重視した効果や、選び方のポイント、

色のおすすめなども合わせて説明していきます。

 

なぜ釣り用のサングラスは偏光グラスがよいのか?

 

それは、偏光グラスの

「反射する光のみを取り除く」という特質が、

釣りの必需品であるためです。

 

水面の乱反射を抑えることで、

水中の魚や水深をより見えやすくし、

より釣りを楽しむことができます。

 

偏光度が高ければ高いほど見えやすくなります。

 

その他にも、ルアー釣りなどで起こりやすい

ルアーが目に入るなどの

事故を防ぐ働きもありますよ。

 

釣り用偏光サングラスの色で迷っている場合、

一番おすすめはグレーです。

 

光の反射を一番抑えやすいため、

海釣りなどの激しい光の反射にも対応でき、

長時間の釣りでも

目が疲れないものとなっています。

 

初めて持つ偏光グラスにもおすすめです。

 

その他、釣り用偏光グラスには、

赤やグリーンなどの色があります。

 

釣り場の水の色に合わせる、

釣りの時間帯や用途に合わせて

レンズの色を選ぶことで、

より快適に釣りを楽しむことができますよ。

 

またレンズの種類には、

表面が鏡のようになっている

ミラーコートタイプのものもあります。

 

自分は釣り用偏光グラス選ぶとき、

相手側から目が見えないものが欲しかったので、

ミラーコートタイプのもので探しました。

 

釣り用のサングラスは偏光グラスだけでなく、

調光タイプのものも出ています。

 

調光サングラスは、

紫外線の量によって

レンズの色の濃さが変化するものなので、

 

日の光の変化が多い時間帯や

長時間の釣りをしたい場合は、

調光グラスを選択肢に入れてみるのも

一つの手ですね。

 

ではここからは、

自分おすすめの

釣り用偏光サングラスブランドをご紹介します。

 

No.1 ゼクー

ゼクーは

最も多くのバスプロから

支持されているブランドと言えます。

 

一番のポイントは、

日本人の骨格に合わせたフレーム形成に

力を入れている点と、

こだわりの高品質レンズの使用です。

 

レンズは偏光グラス専門ブランドとして

広く知られるタレックス社製のものを使用しており、

レンズ歪みが少なく、

フラットかつクリアな視界が実現されています。

 

フレームは他メーカーの製造と異なり、

日本人の骨格に合わせた作成・軽量化に

力を入れているため、

 

よりよくフィットし、

長時間のフィッシングでも

疲れることなく使用することができます。

 

プロだけでなく、

釣り用偏光グラス選び初心者でも間違いない、

おすすめの最強モデルですよ。

 

No.2  ティムコ

ティムコの偏光グラスは、

サイトマスターと呼ばれるシリーズが

特に人気となっています。

 

伊藤巧さんや青木大介さんも使用するなど、

多くのバスプロも使用するモデルです。

 

サイトマスターは、

釣り用偏光サングラスの中でも

透過率の高さに特化しており、

水中の魚の見え方に磨きがかかっています。

 

レンズの偏光度や撥水力も高く、

多くのアングラーにとって魅力的な商品です。

 

こちらもゼクーと同じく

タレックス社製のレンズを使用しています。

 

レンズ色、フレームのバリエーションが豊富なので、

目的やデザインにこだわって

合わせることができます。

 

No.3 ダイワ

釣りのアイテムを取り揃えている釣り具メーカー

ダイワの偏光サングラスは、

多くの釣り人にとって、

外せないアイテムとなっています。

 

特にダイワも

タレックス社とのコラボ商品は、

 

レンズの強度や撥水性を高めつつ、

水中に落としてしまっても浮き上がってくる

という技術が多くの注目を集めています。

 

またダイワの釣り用偏光サングラスは、

メガネの上に着用可能な

クリップオン・オーバーグラスタイプも出ています。

 

快適で疲れにくい使用でありながら

1万円以下商品もあり、

コスパもよいので初心者でも購入しやすいですよ。

 

No.4  RAY-BAN

レイバンは、80年という長い歴史と

高いブランド力のあるサングラスメーカーです。

 

愛用者にはオードリーヘップバーンや、

タモリ、Yoshikiなどの著名人があげられます。

 

そんなレイバンは、

デザイン性を求める人に

特におすすめのブランドです。

 

レンズは耐衝撃性・耐摩擦性が高く、

偏光も99%カット

機能性も高いものとなっています。

 

釣りだけではなく、

車の運転時やスポーツ時などにも

使用したい際にもおすすめです。

 

No.5  Zoff

釣り用偏光グラスは

有名眼鏡屋のZoffでも登場しています。

 

Zoffの釣り用偏光サングラスは

度付きで作りたい、乱視用を作りたいという方に

特におすすめです。

 

度入りのものでも

フレーム次第で1万円以内で

作成可能であるためコスパが最強です。

 

また、サングラスフィルターを取り外し可能な

2wayタイプもでています。

 

こちらは、

釣り用にオーバーグラス・クリップオンを購入したが

フィットしない、普段は通常の眼鏡として使いたい、

という方におすすめです。

 

次は、スポーツサングラスメーカーとして有名な

オークリーや、

サーフシーンから登場したブランドである

ブラックフライのサングラスなどは、

 

釣り用の偏光サングラスとして適するのか、

上記以外のサングラスブランドに

着眼点を置いてご紹介します。

 

 

オークリーのサングラスは釣り用偏光サングラスにいい?ブラック(フライ)偏光は釣りにおすすめ?

ここからは、

サングラスブランドで有名なオークリーや

ブラックフライは

 

偏光サングラス(釣り用)におすすめなのか、

機能性やデザイン性など

選び方に合わせたブランドについて紹介します。

 

〇高機能性のブランド

機能性が高い釣り用偏光グラスブランドは

他にもオークリーコンベックスがあげられます。

 

・タレックス級のレンズの機能性を求めるならコンベックス

 

コンベックスはタレックス社にも負けない

偏光レンズを誇るブランドで、

釣り具メーカーとのコラボ偏光サングラスも多く出し、

人気を博しています。

 

作られているレンズのほとんどが

偏光度99%で撥水性も抜群です。

 

ミラー加工が可能なレンズなど、

様々なニーズに合わせたレンズが豊富であることが

とても魅力的なブランドです。

 

釣り用偏光サングラスの

人気ランキング上位に入っています。

 

・機能性をバランスよくそろえるならオークリー

 

オークリーの偏光サングラスは

スポーツ業界で

ダントツの人気をほこっているブランドです。

 

高い耐久性・軽量化・歪みのないレンズ

過酷なスポーツの現場にも対応、

その高機能性と快適性に魅了され、

多くのプロスポーツ選手・芸能人が愛用しています。

 

オークリーシリーズのなかでも、

フロッグスキン・プリズムの2種類の偏光サングラスは

釣りに最適です。

 

特にオークリープリズムは、

その名の通りプリズムレンズ使用となっており、

釣りの際、裸眼よりもクリアに

魚やルアーの動きを見ることができます。

 

フィッシングをする際はうってつけですね。

 

〇デザイン性の高いブランド

レイバンのウェイファラーシリーズに並んで

ブラックフライやエレクトリックも

デザイン性の高い偏光サングラス(釣り用)が豊富です。

 

・コスパ・機能性・デザイン性がバランスよくそろったブラックフライ

 

ブラックフライは、

サーフシーンから生まれたアイウェアブランドで

モダンなデザインがポイントです。

 

卓越した職人の手で作られているため、

機能性も高くプロアングラーの

村田基さんもよく使用しています。

 

価格も比較的安く、

買い替えもしやすい点も魅力的ですね。

 

・デザイン性も機能性も抜群のエレクトリック

 

エレクトリックは、

スノーボーダーやサーファー、アーティストまで

幅広く愛されているアイウェアブランドです。

 

加木屋守さんや内山幸也さんといった

若い世代のプロアングラーの使用も

多くみられます。

 

エレクトリックの釣り用偏光サングラスは、

かっこいいだけではなく、機能性も抜群で、

特にBasserやLUNKER KILLERとのコラボ商品は

釣りに最適です。

 

〇メガネブランドから出ている偏光グラス

前見出しでは、

Zoffの度付き偏光グラスについてご紹介しましたが、

 

眼鏡市場やJINSからも偏光グラスが登場しており

釣り人達の間で話題となっています。

 

・度入り偏光グラスをこだわって作りたい方は眼鏡市場がおすすめ。

 

眼鏡市場の釣り用偏光サングラスは

カラーバリエーション7色、多彩なフレームから

好きな物を探せる点が強いです。

 

現在手元にあるフレームを持ち込んでの作成も可能です。

 

また、レンズは乱反射した光のノイズを

しっかりと軽減、

ハードコート標準装備でしっかりと目を守れるなど、

機能性面も評価されています。

 

価格は¥16,500~、+\3,300で

強撥水コーティングのオプションをつけられます。

 

こだわりぬいた、

お気に入りの釣り用偏光グラスを作るには絶好ですね。

 

・コスパの良さ、釣り以外での使用も考えるならJINS

 

JINSのものは、

通常の度入り偏光グラス以外に

3on1タイプ(フレーム、レンズ、プレート2枚)のものも

出ています。

 

通常タイプのものは

カラーバリエーション2色、

好きなフレームと合わせることができます。

 

レンズは釣り用偏光グラスとして最適な

紫外線99%オフ、可視光線透過率が15%となっています。

 

渓流釣りはもちろん、

光の強い海釣りでも安心な、

釣り用偏光サングラスの作成が可能できるので

おすすめです。

 

選ぶフレームによっては、

1万円以内で作成可能とコスパ最強です。

 

3on1タイプのものは

偏光グラスとしても

通常のメガネとしても使用可能なため、

 

デスクワークと釣りなどの

様々なシーンでの併用を可能とします。

 

また偏光プレートは

釣りで使いやすいマグネットで簡単着脱可、

ワンタッチ跳ね上げ可となっています。

 

クリップオンタイプとはまた異なった使い心地を

体感できます。

 

こちらも1万円以内で作成可能となっています。

 

釣り用に、

メガネの上に装着するクリップオンや

オーバーグラスの偏光グラスを買ったが合わなかった、

という場合にも、

 

眼鏡屋の釣り用偏光サングラスを

試してみるといいですよ。

 

 

釣り用の偏光グラスのおすすめ、色の選び方まとめ

いかがでしたでしょうか。

 

今回は、釣り用の偏光グラスの選び方や

おすすめのブランドを紹介しました。

 

自分も初めて偏光グラスを買って釣りに行った際、

もっと早く準備しておけばよかった

後悔したことがあります。

 

この記事が

あなたの偏光サングラス選びに役立てば幸いです。

 

コメント