男子高校生が脱毛?デメリットは?クリニックの看護師のデメリット、バルジ領域の脱毛のデメリット、OPTの脱毛のデメリットなど

スポンサードリンク
 





 

 

最近の脱毛ブームでは、

男子高校生で脱毛をする方も

多くなっています。

 

しかし、デメリットを知らずに

脱毛をすると失敗する可能性があります。

 

 

ちなみに、女性が脱毛をするなら

このサロンがいいです。

 

理由は、自分が多くのサロンを試して

最もお金をかけずに確実な効果を得られたから。

 

最もコスパがよかったらサロンは以下より申込してください↓↓

脱毛サロンRELACS(レディース)

 

一度試せば、言っている意味が分かります。

 

ここを味方にすれば、もう二度と

うっとおしいムダ毛処理に悩むことがなくなります

 

 

今回は脱毛のデメリットを紹介します。

 

 

男子高校生や中学生、小学生が脱毛?デメリットは…クリニックの看護師のデメリット

 

 

結論から申しますと

男子高校生及び子供による脱毛自体の

デメリットはございません。

 

しかし、小学生、中学生、高校生は

未成年の部類に含まれます。

 

未成年の場合、一般的に保護者の

同意が必要になる脱毛クリニックが普通です。

 

本気で脱毛について悩んでいるなら

保護者に相談して

一度話を聞きに行くべきでしょう。

 

 

話が少し変わりますが、

近年脱毛ブームで店舗が増えている

脱毛クリニックですが

 

クリニックの看護師さんからも

少しお話をお伺いしたので

デメリットをここで少し紹介します。

 

・土日祝日や長期連休での

休みがとりにくい

 

・脱毛の技術が専門分野なため

一般看護の技術が身につきにくい

 

・お客様の希望に添えなかった場合に

クレームがくる場合がある

などあります。

 

基本的には夜勤もなく

収入も良い反面一般看護とは

違った苦労体験を知りました。

 

 

バルジ領域や耳毛、尻毛(けつ毛)、眉毛とワックス、男の腋毛…脱毛のデメリット

 

バルジ領域とは、

毛を作るよう、毛乳頭に指令を出す器官です。

 

近年新しく確立された

医療レーザー脱毛では

 

バルジ領域だけを破壊することによって

発毛を抑えるという方法もとられています。

 

しかし、まだこの方法を

採用していないクリニックも多く、

 

施術してくれるクリニックが

少ないというデメリットがあります。

 

 

ここからは、いろいろな脱毛方法、

部位についてのデメリットを

簡単に紹介します。

 

・耳毛、鼻毛の脱毛 デメリット

耳毛や鼻毛は細菌や埃から

器官を守るため毛が生えています

 

この2つは安易に自分自身で

やりがちですが機能を落とさないためにも

クリニックで処置してもらいましょう。

 

・尻毛

尻毛脱毛は痛みが強く

デリケートゾーンの脱毛は少し費用が高い

 

・顔、眉毛の脱毛 デメリット

顔の脱毛は人によるがかなり痛みを伴う。

 

また、施術後は赤くなることも

ありますので、ケアをしっかりとしましょう。

 

・ワックスでの脱毛 デメリット

ワックスでの脱毛は

安価でできるが根本的な解決にならない

 

続けるうちに毛が薄くはなりますが

綺麗に脱毛したいのであれば

レーザー治療がおすすめです。

 

・レーザーでの脱毛 デメリット

現在主流のレーザー脱毛、

個人差で強い痛みを伴い、

 

数年前よりもリーズナブルだが、

まだまだ費用も高い

 

・脱毛クリーム デメリット

脱毛クリームで毛を溶かす方法で

肌が強い方を除いて大多数が肌荒れする

 

市販で買えますが今でも単価高く、

自分に合ったものを見つけるよりかは

クリニックで施術してもらった方がお得です。

 

・産毛の脱毛 デメリット

産毛の脱毛は下手に行なうと

増毛につながる可能性がある

 

産毛の脱毛をする際には

クリニックで施術の回数や

金額を聞いておきましょう。

 

・うなじの脱毛 デメリット

うなじは産毛として脱毛できるが、

 

クリニック側が毛質が

髪の毛と判断された場合、

 

自分が脱毛したい部分でも

できない可能性がある

 

・陰毛の永久脱毛 デメリット

陰毛の永久脱毛は

一度で終わりというわけではないため、

 

自分の都合やクリニック側の

都合があるため時間が確保できる

タイミングに通う必要がある

 

・金玉の脱毛 デメリット

痛みが強い、個人差はあるが麻酔が必要

 

・腕、すね毛 脱毛 デメリット

すね毛は一番面積が広い部分なので、

その分費用や時間がかかるため、

 

継続的に通うにはある程度の

貯金と時間の確保が必要

 

 

それぞれにデメリットはありますが

何度も自分で処理する手間と

 

時間を省けるメリットを考えると

利用者が多いのも納得できます。

 

 

OPTやTHR、脱毛のデメリット…ホルモンや汗、皮膚ガンなど。通い放題にもデメリットが?

 

最近はOPT脱毛やTHR脱毛など

痛みが少ない脱毛や効果的な

脱毛も人気となっています。

 

しかし、

メンズ脱毛も種類が増え、

 

たくさんのメリットがありますが、

一方でデメリットは男女ともにあります。

 

「脇毛脱毛のメンズのデメリットで

ホルモンバランスの乱れや

フェロモンが減る、汗の量が増えた」、

 

「脱毛は皮膚ガンのリスクを上げる?」、

などの噂を耳にします。

 

汗の量が増えるのは汗腺が

刺激されるためであって

アフターケアをしてくれるクリニックもあります。

 

クリニック選択の際は

アフターケアも聞きましょう。

 

 

ホルモンバランスの乱れや

フェロモンの減少、

 

皮膚ガンに関しては確かな

エビデンスがありません。

 

この点が気がかりだった場合は

安心して施術を受けてください。

 

また、脱毛してもまた生えるということは

知ったうえで脱毛を施術されるべきです。

永久脱毛でも多少の産毛は生えてきます。

 

 

ここからは、脱毛器やvio脱毛、

気になる脱毛のあれこれを

簡単にまとめていきます。

 

・シュガーリング脱毛 デメリット

肌への負担が大きく

施術時は熱さと痛みが伴う

 

・光脱毛 デメリット

痛みが少ないが効果が

反映されるまで何度も通う必要がある

 

・蓄電式脱毛 デメリット

施術後すぐに効果が反映されず

効果が表れるまで2週間ほどかかる

 

・ケノン脱毛 デメリット

短期間では効果を実感できない

 

・vio脱毛 デメリット

毛が生えてきたときに

 

痒みやデリケートゾーンなため

肌トラブルにもつながりやすい。

 

vio脱毛、oライン脱毛は

メンズは特に痛みを強く感じる人が

多いのもデメリットと言えます。

 

・脱毛シート デメリット

肌のダメージが大きく、

毛の抜け方のムラが大きい

 

・脱毛器 シェーバー デメリット

肌のダメージが大きく、

埋もれ毛からなる黒ずみもある

 

・介護脱毛 デメリット

45歳以上を対象とした介護を前提とした

脱毛オプション、

 

とても人気だがまだ市場が小さいため

スムーズに施術を受けられない場合もあります。

 

・脱毛 副作用

やけどや毛嚢炎、埋没毛、

肌トラブルなどあるが、

 

アフターケアまで行なってくれる

クリニックを選ぶと処置してくれる

 

また、脱毛しないほうがいいのは

火傷のある部位です。

 

 

紹介しただけでも

かなりのデメリットがあげられます。

 

また、脱毛によるデメリットには

メンズも心配している声も聞きます。

 

腋毛脱毛による汗の増加や、

vio脱毛の不安もありますが、

大体が痛みや恥ずかしさの声でした。

 

羞恥心は割り切るしかありませんが、

痛みは麻酔ありの

クリニックだと問題ありません。

 

 

また、湘南美容外科の脱毛を筆頭に

シースリーの通い放題やサロンでの脱毛など

さまざまな脱毛クリニックが増えてきましたが、

 

このような有名店だと

予約が取りにくく

 

サービスが滞っているという

デメリットもあります。

 

お店選びは、ただ有名であるだけではなく

自分の都合との兼ね合いも考えましょう。

 

 

男子高校生の脱毛、そのデメリットについて【総括】

 

自分も脱毛クリニックの経験者です。

脱毛にはいろいろな種類があり

 

一長一短、メリットデメリットが

あるのは当然です。

 

ですが脱毛することを前提に考えると、

やはりクリニックにお世話になる方が

効果的で安全です。

 

脱毛をしないでいいという意見は

大体が経験者の意見ですが、

 

痛みや通う手間、

資金難が原因で途中でやめた方、

そもそも個人で試した方が多いことも事実です。

 

 

ただ痛い思いをして脱毛を

途中でやめると後悔するのは当然です。

 

光脱毛やレーザー脱毛といろいろありますが、

デメリットは痛みと費用が高いぐらいです。

 

日常のムダ毛処理の手間を考えると

自分は脱毛することをおすすめします。

 

コメント